ボールペン字をきれいに書くコツTOP > 悩み > 字が上手くなりたいと思った時に絶対意識すること

上手くなりたいについて

 

情報化社会になって、主にパソコンが使われる時代ですが
やはり、手書きの文字というのはいいものですよね。



もっと上手に字を書けたらいいのになぁ…
なんて思っている方も、沢山居ると思います。



私も、たまに知人に手紙を書いたりするのですが
書いた字を見て出すのを辞めた事もあります。

手書きの文字はいいけれど、字が下手だと感動も半減しちゃうんですよね…。




「字が上手くなりたい!!どうすればいいの?!」




字を上手く書く(上手に見せる)には、何個かコツがあります。

そのコツさえ掴んでしまえば、下手に見える事はありません。




では、そのコツとは?




まずはじめに、「字を綺麗に書こう」という意識を持つ事です。



意識を保つ事によって、ある程度は綺麗にかけたりもします。
字の練習なんかは、意識を保たないとすぐへこたれちゃいますからね。



次に大切なのが、書き順を意識する事。



文字が書ければ書き順なんて、関係ない!!
なんていう方、結構居るんじゃないでしょうか?



私もその中の一人でした。

ですが、やはり書き順にそって文字を書くと、綺麗に見えるのです。

一見、意味の無いような事ですが、地味に書き順は大切なのです。




実際手紙などを書くときには、ゆっくり丁寧に書くようにしましょう。
肩の余分な力は抜いてくださいね。


力が入っていると、疲れやすくなり、文字のバランスも悪くなります。



文字の大きさ、バランス、文字の間の余白を考えながら書く事。
そうすれば字が上手くなった様に見せる事が出来るんです。




漢字を書く時、注意して欲しいのが「横線」です。


例えば、漢字の目、日など。


横線をまっすぐ書くだけでも、文字って綺麗に見えるもんなんですよ。
知っていましたか?





字が上手くなりたい!!と願っても
やはり上手くなるには、それなりの練習量が必要です。



ここで述べた事は、すぐにでも実践出来る内容ばかりなので
手紙を書く機会がある方は、ぜひ試して見てください。


きれいな字をかけるようになりたい



小学生の頃から自分の字をコンプレックスに感じていたある男性がいました。

  • 練習する時間がない
  • 習いに行くのは面倒
  • 通信講座も長続きしない
そんな悩みを抱えていましたが
3日で、人前で字を書くことが大好きになるほど
自分の字に自信が持てるようになりました。



彼がやったことは
先生のお手本の映像(動画)を見ながらマネて書くだけ


練習帳の字をひたすらなぞることでも
通信講座で添削を受けることでもありません。



映像ですので、直接教わりながらの感覚に非常に近いです。
間違いやすい文字やきれいに書くコツや書く時の姿勢など
しっかりと解説しながら一緒に実践できるのも
映像ならではの特徴ですね。

一度ご覧になってみてください


>>こちら












スポンサードリンク





悩み記事一覧

字が汚いのはバランスが悪いから

どんなに丁寧に書いても字が汚くなってしまう。綺麗な字を書こうとしても、やはり字が汚い…字が汚いと、与える印象まで悪くなってしまいます。不思議ですよね...

クセ字は個性!酷くなければ直す必要がないかも

クセ字は、本当に人によって様々です。全体的に丸っこい字を書く人だったり、全ての文字が右上がりに書いてしまう人だったり…本人の個性が出やすいところですね。...

字が上手くなりたいと思った時に絶対意識すること

情報化社会になって、主にパソコンが使われる時代ですがやはり、手書きの文字というのはいいものですよね。もっと上手に字を書けたらいいのになぁ…なんて思っている方...